脳の病気とケガ

脳塞栓と脳血栓

■脳塞栓(のうそくせん)
不整脈、心臓弁膜症、心筋梗塞などにより、局所に血栓(血液のかたまり)ができ、それが脳まで達して血管をふさいでしまった状態で、そこから先の脳組織に血液が届かなくなるために、突然神経症状が起こります。
■脳血栓(のうけっせん)
脳の動脈硬化が進行すると、血管が狭くなります。 すると血液がスムーズに流れなくなり停滞するため固まりやすくなります。 そこで出来た血栓が脳内の動脈をふさぎ、そこから先の脳組織に血液が届かなくなる状態です。

戻る