生活習慣・ケア

  • HOME
  • 【生活習慣・ケア】薬の服用の正しい知識

薬の服用の正しい知識

「食後服用について」


食後とは、食事後およそ30分を指します。食物が消化器の粘膜を保護するため、胃粘膜への刺激が少なくなり、胃障害を生じやすい薬では、食後の服用が重要となります。 また、食後に薬を服用するもう一つの理由として、薬の飲み忘れ防止があります。 少しでも薬の飲み忘れを防ぐために、食事終了直後の服用となってもかまいません。


「食直前服用について」


糖尿病治療薬には食直前に服用しなければならないものがあります。この薬は、食事の後の急激な血糖値の上昇(食後過血糖)を改善する薬なので、服用が食前30分でも、食後でも効果が減弱してしまいます。したがって、必ず食事の直前(食直前)に服用してください。


「薬を飲み忘れた時には」


薬を飲み忘れた場合には、気づいた時点で出来るだけ早く、飲み忘れた分を服用して下さい。 ただし、次の服用時間がきてしまった場合には、1回分はあきらめ、以降は通常量を指示どおりに服用するようにします。 飲み忘れたからといって、2回分を1度に服用してはいけません。

戻る