脳ドック

  • HOME
  • 【脳ドック】脳卒中と動脈硬化

脳卒中と動脈硬化

脳卒中の原因は、遺伝性の示唆されている疾患もありますが、主として動脈硬化によるものです。両親、兄弟姉妹、祖父母に脳卒中の患者がいるからといって、自身も脳卒中になるわけではありません。
しかし、脳卒中自体は即遺伝する病気とはいえませんが、その体質は生活環境に深く影響されると考えられます。
また、動脈硬化は長い年月をかけて進行するもので、改善が難しいといわれています。 この動脈硬化を促進させる因子を危険因子と呼びます。
危険因子には生活習慣病の代表格でもある高血圧、脂質異常症、糖尿病や喫煙などがあげられます。
脳卒中を防ぐためには、このような危険因子を予防・改善する食生活や生活習慣を身につけることが大切です。
動脈硬化の危険因子を改善することは、それだけでも大きな予防効果が期待できます。
動脈硬化の予防は、脳卒中の予防にもつながるのです。

戻る