病院案内

  • HOME
  • 【病院案内】院内感染対策指針

院内感染対策指針

1.院内感染防止対策管理指針の目的

この指針は、医療関連感染の発生を未然に防止すること、ひとたび発生した感染症が拡大しないように可及的速やかに制圧、終息を図ること、医療法人新さっぽろ脳神経外科病院(以下:当院)の理念の一つである「患者様本位の透明性の高い医療サービスの提供」を図ることを目的とします。

2.院内感染防止対策に関する基本姿勢

指針は、院内感染防止対策委員会が策定し、最新の科学的根拠に基づき適宜変更します。
診療情報シート、感染症情報から、感染症の発生動向の観察を行い、アウトブレイクあるいは迅速な対応を要する場合は、緊急に委員会を開催し対策を講じます。
指針の内容については、院長、院内感染防止対策委員会等を通じて、全職員に周知徹底します。また、院内LANによる閲覧を可能とし職員に周知します。
感染症を発症した時は、「感染症報告書」を提出します。アウトブレイクが発生しないよう院内感染防止対策の立案を行い周知徹底します。
職員は、業務遂行に当たっては、常日頃から院内感染の発生を未然に防止するよう標準予防策の徹底および感染経路別予防対策を遵守します。

3.院内感染を防止するための組織

  1. 院内感染防止対策委員会を設置、院内感染に関する情報を共有し、院内感染を防止します。
  2. 院内感染防止対策マニュアル(以下:マニュアル)を、関係部署の共通のものとして整備し、職員に周知、感染症情報に応じて作成・改訂します。
  3. 院内感染に対する意識、感染を未然に防ぐ知識等を高め広めるために、全ての職員は疾患別感染防止対策マニュアルの作成に積極的に参加します。 院内感染に関する議論においてすべての職員はその職種、資格、職位の上下に関わらず対等な立場で議論し、相互の意見を尊重します。

4.院内感染防止のための教育、職員研修

  1. 院内感染防止に関する基本的な考え方やマニュアルに基づき、感染予防・感染防止対策の周知徹底のため、院内感染防止対策委員会を中心に教育、年2回以上の研修会を実施します。
  2. 感染防止対策の周知徹底に関しては、院内感染ニュースを発行し、意識の向上を図ります。
  3. 院内感染防止の知識を深めるために、院内感染防止テストを実施します。

5.感染症発生時の対応

  1. 感染症が発生した場合は、迅速に対応しアウトブレイクが発生しないよう院内感染防止対策を実施します。
  2. 届出義務のある感染患者が発生した場合は、感染症法に準じて行政機関へ報告します。

6.患者様等に対する当該方針の閲覧

  1. 職員は患者様との情報共有に努めるとともに、患者様およびそのご家族等から閲覧の求めがあった場合にはこれに応じます。また、指針についての照会には院内感染防止対策委員会副委員長が対応します。
  2. 患者様の相談窓口は、1階外来受付および3階医療相談室とし、院内に掲示します。
  3. 指針は、当院ホームページ上でも閲覧可能とします。

7.その他、院内感染対策の推進のために必要な基本方針

  1. 院内感染防止対策委員会は、感染対策の推進のため、マニュアルの見直しを継続して行い、改訂した内容については、職員への周知徹底を速やかに行います。
  2. 職員は、マニュアルに沿って、院内感染、職業感染の防止に努めます。
  3. ワクチン接種によって感染が予防できる疾患(B型肝炎、麻疹、インフルエンザ等)については適切にワクチン接種を行います。
  4. 施設内に専門家がいない場合は、専門家を擁するしかるべき組織(地域支援ネットワーク、日本環境感染学会認定教育病院、日本感染症学会など)へ相談し、支援を求めます。施設内感染対策相談窓口(厚労省委託事業)にFAX等で質問を行い、適切な助言を得ます。

平成27年8月1日改訂

戻る