病院案内

  • HOME
  • 【病院案内】医療安全管理指針

医療安全管理指針

1.医療安全管理指針の目的

この指針は、患者様が安全・安心して医療を受けられる環境を整え、良質な医療提供体制の確立と、医療法人新さっぽろ脳神経外科病院(以下:当院)の理念の一つである「患者様本位の透明性の高い医療サービスの提供」を図ることを目的とします。

2.医療安全管理に関する基本的姿勢

「人は必ずミスを犯すもの」という観点に立ち、ミスや事故を犯した職員個人を追及するのではなく、事故発生までの経過を踏まえ、そこに介在する複合的なミスやエラーの連鎖を見逃した安全管理体制の欠陥を究明し、改善・周知していくことを主眼とし、医療安全活動の重要性を周知徹底します。


  1. 指針の内容については、院長、医療安全委員会等を通じて全職員に周知徹底します。また、院内LANによる閲覧を可能とし職員に周知します。
  2. インシデント等に関する情報は、早期に把握することが重要なため、職場長への報告と共にインシデントレポート等の提出を求め「マイナスの情報を隠さず詳らかにする」習慣を育てます。また、医療安全委員会を中心に、同レポートによる情報収集、分析・評価、対策の立案を行い、周知徹底します。
  3. 職員は、業務遂行に当たっては、患者様への医療、看護等の実施、医療機器の取扱いなど医療事故の発生を防止するよう医療事故防止対策マニュアルを遵守します。

3.医療安全管理のための組織

  1. 医療安全管理部門は、院長の指名により、医療安全管理責任者として医療安全委員会委員長を兼ねるとともに各部門の管理担当者を統括します。
  2. 医療事故およびインシデントに関する情報を共有し、当院のより安全な医療提供を図るため、医療安全委員会を設置します。
  3. 医療安全委員会と協力し、医療安全対策を推進するものとして、医薬品安全管理担当部門と医療機器安全管理担当部門をおき、それぞれの担当者を定めます。

4.安全管理のための教育、職員研修

  1. 医療安全に関する基本的考え方やマニュアルをもとに、予防・対策の周知徹底のため、医療安全委員会を中心に教育、年2回以上の研修会を実施します。
  2. 医療事故防止対策の周知徹底に関しては、全体朝礼において意識の向上を図ります。
  3. 医療安全ニュースを発行し、意識の向上を図ります。

5.医療の安全確保を目的とした改善のための方策

  1. 安全管理のため、次の指針・マニュアル等を整備します。
    ①院内感染防止対策管理指針・院内感染防止対策マニュアル
    ②医薬品安全使用のための業務手順書
    ③医療機器安全管理指針
    ④血液製剤療法マニュアル
    ⑤褥瘡予防対策マニュアル
    ⑥臨床工学科業務マニュアル
    ⑦医療事故調査マニュアル
    ⑧その他
  2. マニュアル等は、関係部署の共通のものとして整備し、職員に周知、また、必要に応じて見直します。作成・改訂のつど、医療安全委員会に報告します。
  3. マニュアル等作成については、職場全体に日常診療における危険予知、患者様の安全に対する意識、事故を未然に防ぐ意識などを高め、広めるために、すべての職員はマニュアル等の作成に積極的に参加します。
  4. マニュアル等の作成、その他、医療の安全、患者様の安全確保に関する議論においては、すべての職員はその職種、資格、職位の上下に関わらず対等な立場で議論し、相互の意見を尊重します。

6.医療事故発生時の対応

  1. 何らかの障害が発生した場合は、患者様の安全確保を最優先し、迅速かつ適切な緊急処置を行います。
  2. 医療安全委員会委員長、副委員長は、発生した事態を把握したうえで、院長へ報告します。
  3. 医療安全委員長は、重大な医療事故と判断した場合、院長指揮のもと、医療事故調査等委員会を中心に、現場の職員とともに、迅速性と即応性、客観性と公正性を有する意思決定と行動をとります。また、患者様やそのご家族、さらには社会への説明責任を果たします。

7.患者様等に対する当該方針の閲覧

  1. 職員は患者様との情報の共有に努めるとともに、患者様およびそのご家族等から閲覧の求めがあった場合にはこれに応じます。また、指針についての照会には医療安全委員会副委員長が対応します。
  2. 指針は、当院ホームページ上でも回覧可能とします。

8.患者様相談の実施

患者様本位の透明性の高い医療サービスを提供するために、病状や治療方針、苦情などに関する患者様からの相談に対しては迅速、誠実に対応します。患者相談窓口は1階受付および3階医療相談室とし院内に掲示します。

9.その他医療安全の推進

医療安全委員会は、医療安全の推進のため、医療事故防止対策マニュアルの見直しを継続して行い、改訂した内容については、職員への周知徹底を速やかに行います。 職員は職務の遂行に当たって、常日頃から医療事故の発生を防止するよう細心の注意を払います。

平成27年8月1日改訂

戻る